トランプ氏の愛読書は何?本が彼に与えた影響を調べてみた!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんばんは。

昨日は、ついに史上初のNYダウ2万ドルを突破しましたね。

12月中旬くらいから、エネルギーをため込んでいたのか、

やっと持ち合いを上値抜けしたみたいでね。

 

24日には、オバマ前政権が環境保護などの理由から建設を却下していた

大規模なパイプライン計画を認める大統領令に署名し公約通りの

景気対策をしていくだろうとの思惑から、株が買われているみたいですね。

そんな、強気モードのトランプ氏ですが、

どのようにして、その人格に影響を与えた本が何かを調べてみました。

トランプ氏の愛読書は?

候補1

ずばり、『聖書』のようです。

「私より聖書を読んでいる人は誰もいません」とトランプ氏は宣言しております。

しかし、聖書に関する失言は多々あるようですね。

きわどい質問をされると、『細かいところには、触れられたくはありません。

それは私的なことだからです』と言ったり、

好きな聖書個所は?と質問された際、「ねたみに屈してはならない」だと答えそうですが、

聖書にはこういった箇所はないようです(´・ω・`)

候補2

『西部前線異常なし』です。

 

第一次世界大戦の状況を生生しく描かれております。

 

戦争の恐ろしさを目の前にしながらも、

報告は『異常なし』とされているところにジレンマを感じます。

トランプ氏は、この本を何度も読み返しているようですね。

候補3

ヒラリークリントンの避難本。

もう、これはどうしようもないですね(*_*;

候補4

 

 

 

1952年に発行された本で、もはや古典ともいわれる本のようですが、

トランプ氏は、お父様の代からこの本を読んでいたらしいです。

著者のノーマン・V・ピールは、デール・カーネギー、ナポレオン・ヒルと並ぶ

自己啓発の御三家の一人です。

人生には〝運〞というものもあるのかもしれない。

しかし一方で、こうした運をコントロールし、

左右することができる「心構え」と「原則」もあるといっております。

まとめ

 

ということで、

トランプ氏に影響を与えた本は、『積極的考え方の力』中の聖書にも重なる部分。

トランプ氏がワクワクした本、リアリティや現実をつきつめられ、

考えさせられた本が『西部前線異常なし』

トランプ氏が敵の状況を知るために読んだほんが、ヒラリー氏の避難本。

という感じでしょうか・・・

ちょっとアマゾンで立ち読みしたのですが、『積極的考えの力』は、

心を強くもつのにも役にたちそうですよ。ご興味のある方は、

読んでみられるのもいいかもですね。

では、また(^^)/

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。