バナナが絶滅危機?国産バナナの産地や値段など調べてみた!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

皆様、お元気ですか?

元気がない時は、自然のエネルギーをたくさん詰めたものを

食べるのが一番!っておもっているのは私だけ?!

その中でも、手軽で即エネルギーになりやすいのがバナナなんですけど、

これが今、絶滅の危機にあるようです・・その原因について調べてみました。

 

パナマ病とは

バナナは20世紀半ばまで”グロスミッシェル”という

濃厚な味わいの品種が人気だったようです。

しかし、1960年代までにカビの一種である病原体によって

バナナの木が枯れてしまう「パナマ病」が感染し

世界中の農園で、壊滅的な被害を受けてほぼ絶滅してしいました。

そこで登場したのが「パナマ病」に強い

「キャベンディッシュ」という品種がだ回るようになりました。

グロス・ミシェルより味が悪く耐寒性も低かったが、

パナマ病の病原体の侵入を防ぐことができました。

現在、食卓に上るバナナのほとんどは、このキャベンディッシュです。

しかし、1990年代にキャベンディッシュにも感染する

「新パナマ」病が発見さたしましました。

これは、台湾で最初に見つかり、

中国、インドネシア、マレーシア、フィリピンなど

東南アジア各国で感染が発見されております。

数千ヘクタールのバナナ農園がすでに新パナマ病で

壊滅しているとの報告がでております。。

日本は、輸入するバナナの90%近くを占めるフィリピンです。

ここでも、この数年で「新パナマ病」の被害が急速に拡大しており、

島にあるバナナの木の5分の1がすでに感染し、

生産量もこの5年で20%以上も減っおります(‘Д’)

スポンサーリンク

国産の安全性と値段は?

やはり、南国の食べ物ということからか、沖縄・奄美・鹿児島・宮崎

が主流のようです。

日頃私たちが見慣れているバナナよりも、少し小ぶりのモンキーバナナ的な

ものが多いようですね。

お値段も、ちょっと張りまして、一房500~1000円位。

最近は、岡山県でも台風の少ない温暖な気候を利用されて、

栽培が進んでいるようですね。

まとめ

近年中に、バナナは手ごろなスイーツから除外されるかもですね。

もちろん、冷凍バナナもいつまでももつものでもないし・・

美容と健康の為に、一日もはやく感染の予防法が見つかるのを

祈るばかりです。

では、また~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。