ショコラティエ和田理恵子さんってどんな人?日本での販売について調べてみました!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

皆様こんにちは。

もうすぐ、バレンタインデーですね。

準備はお済でしょうか?

最近では、美容効果やリラックス効果もあるということで、

嗜好品以外の面からも注目されているチョコレートですが、

欧米諸国では、宝石のような扱いさえされているようですね。

そんな、見てよし、食べてよしのチョコレートを作成する

ショコラティエは男の世界と言われているのですが、

なんとNYで、しかも日本人女性が活躍しているというので、

調べて見ました。

和田理恵子氏

「和田理恵子」の画像検索結果

生年月日 不明

出身地 東京

1982年 カナダの調理学校に留学。

1984年にシカゴに渡米しMBAを取得。

約20年間の旅行会社経営。

2000年にシカゴの製菓学校French Pastry Schoolで学び主席で卒業。

同校にてアシスタントを行う。

2006年に「Chocolatines(ショコラティン)」を開業。

2010年にアカデミー賞のギフトに選ばれ、

以後7年連続でアカデミー賞にチョコレートを提供。

留学して、専門家になる・・というストーリーではない人生が面白いですね!

語学のみならず、経営能力にも優れ、美的センスも重なって、

ショコラティエの道へ・・多才な方です。

もちろん専門を極めるわけですから、並みならぬ努力が必要でしょうけどね。

日本での販売は?

現在アメリカのシカゴに工房があるようですが、

日本には赤坂にお店があるようですね。

Chocolatines – Japan
107-0052 Akasaka Heights Building #403
Akasaka, Minato-ku  Tokyo, Japan

Phone: Call 03-3403-0188
Fax: 03-3403-0194

お値段は、高価で16個入りで86ドル(1万円弱)。

庶民にはちょっと手がでません・・

そりゃ、そうですよね。

アカデミー賞やグラミー賞などのプレゼントギフトとして

候補者に贈られるほか、航空会社のファーストクラスなどで提供されています。

代表作は「ジュエリーボックス」

8種類の宝石の名前を冠したチョコレートが光輝く美しい作品だ。

まとめ

華やかな仕事の裏側に、収入がなくて苦労された時期もあるようですね。

それでも自分志を曲げず、前進される姿は、

勇気をいただくことができますね。

ますますのご活躍をお祈りしております。

では、また~(^^)/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。