ビヨンドバーガー日本ではいつどこで販売?原料や価格は?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

こんばんは(^^)/

夏だからでしょうか…スタミナをつけるためとか言って肉食化している私です。

持病もあり、早く植物肉が輸入されないか…って思っております。

ビヨンドバーガーとは?

直訳すると肉を超えた肉です。

植物100%の家庭向けハンバーガー用パティです。

「ザ・ビヨンド・バーガー(THE BEYOND BURGER)」

という商品を開発・製造しているのは、

米ロサンゼルスに本社を置くサべージ・リバーというベンチャー企業。

2011年に創業し、「ビヨンド・ミート(BEYOND MEAT)」というブランドで、

植物性タンパク質で作った「肉」の代替商品を展開しています。

西海岸を中心に取扱店舗は約100店舗まで増えており、

一部の店舗では1日250個を売り上げるほどのヒット商品になっているようです。

スポンサーリンク

原料は?

肉本体 エンドウ豆由来のタンパク質

肉汁 サンフラワーオイル

食感 アラビアガム

色 デーツ

牛肉の構造を科学的・分子レベルで研究し5年がかかりでできたようです。

価格は?

アメリカでは、

2枚のパティが入ったパッケージで5.99ドル(約660円)

輸入品になるので税金や輸送料がかかるので、

1000円くらいになるのでしょうか・・

日本での販売はいつから?どこで?

年内にも・・ということですが、正確には未定のようです。

三井物産が2%の出資をしているようですので、

販売されやすいところでは、

三越・伊勢丹辺りからでしょうか・・

普及してくれば、セブンイレブンでの販売もあるかもですね(^-^;

まとめ

疑似肉に関しては、健康面だけでなく、

世界の食料危機の面からも注目を浴びているようですね。

評価もよくて、かなりおいしいということなので、

楽しみですね~(*’▽’)

では、また~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。