ひよっこ・ヤスハルの歌が上手い!歌った曲のまとめ

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんばんは(^^)/

今日もヤスハル歌ってましたね~

意外とうまくて、ワンちゃん、鈴子さん・省吾さん聞き入ってましたね!

私の知らない曲もあるので調べてみました。

ヤスハル

いい人だけどむかつく役のヤスハルです。

なんと報道ステーションでおなじみの古館伊知郎さんの息子さんのようですね。

本名    古館佑太郎 ふるたちゆうたろう

生年月日  1991年4月5日 26歳

出身地  東京

身長   166cm

出身校  慶応義塾大学

わりと、イケメンですよね!!

ひよっこでは、島谷君が慶応ボーイとしておぼっちゃま扱いされてましたが、

ヤスハルは正真正銘の慶応ボーイだったんですね~

さらに歌がうまいと思っていたら、

「The SALOVERS」(ザ・サラバーズ)というバンドの

ボーカル・ギターを担当してたようですが、

こちらは活動中止中で、現在はソロ活動されているようです。

スポンサーリンク

バラが咲いた

ヤスハルが最初に歌った曲ですね。

早苗さんが、月時計会議の時に『私は全身トゲでできている』

とか言ってたけど、ちょうどその時歌ってましたね~

1966年 マイク眞木 さんが歌われていました。

この広い野原いっぱい

森山良子さんの曲のようです。

1967年だされました。合唱の曲として学校とかでも歌われていたようです。

本当に、綺麗な歌声ですね~

空に星があるように

荒木一郎さん

1966年の曲ですね。

まとめ

1960年台はフォークソングのブームだったんですね。

綺麗で素直な音色が心地よいですね。

また、ヤスハルが歌ってくれたら追記していきたいと思います。

では、また~(^^)/

追記

君に会いたい

8/22 今日はジャガーズの君に合いたいでしたね・・

今日は、のりのりで漫画家二人と一緒に奏でてました~

『若さゆえ~』を『馬鹿さゆえ~』に変えても、

二人にとっては面白ければいいんですね(^-^;

恋のハレルヤ

8/26 黛ジュン(まゆずみ じゅん)さん

1967年の曲です。

パンチのきいた曲ですよね。

ハレルヤとは、キリスト教の旧約聖書に出てくる神をほめたたえよ!

という意味らしいです。

神への感謝や素晴らしさを現す、感嘆詞でもあるようですね。

黛さんといえば『天使の誘惑』くらいしか知りませんでした。

恋のハレルヤ  黛ジュン  1967年 投稿者 showakayo

アンコ椿は恋の花

1966年の都はるみさんの曲です。

この時、はるみさんは10代!こぶしのきき方が半端ないですね!

甘味処の跡取り息子としては、ばっちりの曲でしたね(*’▽’)

いとしのマックス

マックス・ア・ゴー・ゴーで知られる荒木一郎さんの1967年ヒット曲

男性軍ノリノリで歌ってましたね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。