紫外線対策(UV)サングラス寿命は?選び方もチェック!

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

最近、あたたかくなってきてうれしい毎日です。

でも、気を付けたいのが紫外線。

老化の8割は紫外線からといいますから、きが抜けないですよね!

でも、どう選んでいいかわからなかったので、いろいろ調べてみました。

サングラスの選び方

①「紫外線カット率」

どれだけ紫外線をカットするかを示す

多ければ多いほど可。80%以上が好ましい。

②「紫外線透過率」

紫外線が透過する割合を示す

紫外線カット率と違って低ければ低いほど可。

紫外線カット率1.0%以下というのは、99%カットしてくれるという事です!

③「UV400」

紫外線の多いオーストラリアで生まれた規格です。

400とは波長のことで、400nm(ナノメートル)までの紫外線をカットすることができるという意味です。

この表示があると、紫外線カット率は99%とにはなるようです。

④色

濃いものが、紫外線カット率が高そうですが、そうでもないみたいですね。

それどころか、紫外線を吸収しやすくなってしまうので、色に惑わされないように!

⑤デザイン

もりろんファッション性も大事ですが、紫外線対策なら、レンズが大きなものを程よいです。

紫外線は前面だけから来るわけではなく、上や横からも降り注いでいます。

小さいレンズでは上下・左右がカバーできず、そこから紫外線を浴びてしまうのです。

紫外線対策でサングラスをするなら、レンズが大きく上下・左右もしっかりカバーできるものが良いですね。

輪郭別おすすめは?

zoffさんのサイトより。

これは、参考になりますね。

サングラスの寿命は?

これがほんとに見た目ではわからないみたいです!

使用頻度にもよるようですが、約5年のようです。

それ以上だと、機能が低下するみたいです。

最近の眼鏡やさんではUV測定器があるようですので、

気になる方は利用されるのもいいかもですね。

まとめ

これで、きっと目の紫外線対策は大丈夫・・のはず・・

とにかく、これからはどんどん紫外線多くなってくるから、

早めに買って対策せねばですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。