なつぞら・雪月のモデルはどこ?アイスクリームのつくり方!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

なつぞら、いいですね~

そういえば、あのアイスクリームやさんどこなんだろう・・

帯広の老舗菓子店で調べてみますと、候補が二つ出てきました。

候補①柳月

名前が似てますもんね。

柳月は、1947年(昭和22年)に帯広市でアイスキャンディーの製造を中心とする店を開業。

1935年(昭和28年)に会社化した。

1965年(昭和40年)に北海道開拓100年記念としてバウムクーヘンの三方六」を発売し、

ロングセラー商品となってます。

候補②六花亭

北海道を代表する銘菓の1つである「マルセイユバターサンド」のメーカーですね。

「六花」(りっか)とは雪の結晶を表しており、

「北海道を代表する菓子屋になるように」という願いを込め、

北海道の代名詞とも言える雪に因んで名づけられたようですね。

スポンサーリンク

アイスクリームのつくり方

材料(作りやすい分量)

  • ・卵黄 2.5コ分
    ・砂糖 50g
    (※ドラマでは砂糖が手に入らず、はちみつを使いました)・牛乳 250ml
    ・生クリーム 140ml
    ・はちみつ 大さじ1
    ・バニラエッセンス 少々
  • <その他 用意するもの>
    ・ブリキ缶
    ・木べら
    ・大鍋
    ・氷 約2kg
    ・塩 約500g
    ※鍋の大きさにより量は異なる。
  • 作り方
  • ① ボウルに卵黄、砂糖を入れて、泡立て器で白っぽくなるまですり混ぜる。
  • ② 小鍋に牛乳と生クリーム、はちみつを入れて、火にかける。
  • 中火にしてかき混ぜ、沸騰直前に火を止める。
  • ③ ①のボウルに②を少しずつ加えながら泡立て器で混ぜ、
  • うらごし器(または茶こし)でこして、粗熱をとり(氷水につけて、冷ますとよい)、
  • バニラエッセンスを加える。
  • ④ 用意したブリキ缶よりも大きい鍋の中央に缶を置き、
  • そのまわりに細かくくだいたクラッシュ状の氷と塩を入れる。
    ※氷と塩はブリキ缶の口より2〜3センチ下になるように入れる。
  • ⑤ ④のブリキ缶に、冷えた③を注ぐ。木べらなどで底から混ぜ続け、
  • 少しずつ固まりはじめたら、さらにしっかり混ぜ続ける。
    固まったら、タッパーなどに入れて冷凍庫でしっかり固めてから食べると美味しい。
  • ★Point★

    ・③の工程の液をしっかり冷やしておくと固まるのが早くなります。

    ・ブリキ缶の周りの氷は、細かい方が缶をよく冷やすことができるので、

    早くアイスクリームになります。

    まとめ

    お店の名前はこの二つをミックスさせた名前かなと思われますね。

    私も牛乳は嫌いだけどアイスは好きなので、作ってみようかなとおもいます。

    では、また。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。