日田のひな祭りの時期と場所などの見どころについて調べてみました!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

皆様、今晩は。

もうすぐ、春ですね~春といえばひな祭り・・

今日は、かつて天領として栄えた日田のお雛祭りをご紹介します。

日田のおひな祭り

yjimage (3)

日田は、江戸幕府の天領として数々の役所がおかれ、

かつては九州随一というれるほどの繁栄を極めておりました。
掛屋を中心とする豪商たちが軒を連ね、町人文化が華やいだこの街には、

京や大阪で買い求めた豪華絢爛なひな人形や、ひな道具が残されております。
現在のように一般公開されるようになったのは、今から30年ほど前で、

町おこしのいっかんからはじめられたようです。

期間や場所と見どころは?

【開催期間】 2月15日~3月31日
【開催場所】 豆田・隈地区、天瀬町他の旧家・資料館など

【イベント】
2月15日予定(水)午前10時~「青い目の人形パレード(日田駅~三隈幼稚園)
3月5日(日)予定 午前10時~午後2時「豆田流しびな」(桂林荘公園)
3月12日(日)午前8時~「天領日田ひなまつり健康マラソン」(日田市陸上競技場)
2月19日(日)~3月19日(日)「日田おおやま梅まつり」(大山地区)
3月24日(金)「高塚愛宕地蔵尊春の大祭」(天瀬地区)

☆草野本家

yjimage (5)

お雛祭りを「観光」にしたのは草野本家が発祥です。
江戸幕府八代将軍吉宗公の時代、

享保雛から明治時代まで178体の雛人形が

220年前に建てられたお座敷でお待ちしています。
中でも42体で1セットの御殿雛は必見です

国指定重要有形文化財、県内最古の商家です。

  • 〒877-0005 大分県日田市豆田町11-4
  • TEL 0973-24-4110
    公開時間 10:00~16:30
    公開中は無休
  • ひな祭り機関中は 大人550円 中学生250円

☆クンチョウ酒造

139591672631687-1

クンチョウ酒造は「重要伝統的建築物群保存地区」として

国によって指定されている豆田町の一角に酒蔵を構えています。

元禄15年(1702年)に建てられた一番古い蔵をはじめ、

5棟の蔵がすべて建築当時の姿で残っている

全国的にも大変珍しい酒蔵群です。

現在もその蔵の中で清酒や焼酎の製造を行っています。

きき酒もさせてもらえますよ。

水郷日田といわれるくらい水の綺麗なところですので、

期待できると思いますよ( *´艸`)

酒造ですので、ここはさすがにおひな様はありません!

住所 日田市豆田町6-31

TEL  0973-23-6262
営業時間 9:00~16:30
休み   年始
公開期間 2月11日~3月31日
入場料  無料

☆広瀬資料館

yjimage (6)

江戸時代幕府の直轄地だった日田は、

金融の中心地でもありましたので、

代官所の年貢米や公金などを取り扱うことを許され、

 淡窓は「三奪(さんだつ)の法」という

封建制度の当時ではユニークな教育方針で、

入門者は身分・学歴・年齢を無視して、

平等に最下級からスタートさせ、

厳格な試験によって進級を定めるという評価制度を用いて、

当時としては日本最大の規模の塾

「咸宜園(かんぎえん)」を作り教育に当たりました。

 全国から集まった門弟の中には大村益次郎・

高野長英・上野彦馬・長三洲・清浦奎吾など、

明治維新の担い手や、

ひいては日本の近代化に活躍した人々が多く含まれています。

廣瀬家は淡窓・久兵衛の生家であり、

その遺品・著書類及び当時の生活用品等が多数あり、

一般の方々に江戸後期の文化・生活を知って頂くために、

昭和59年(1984年)に「廣瀬資料館」として開館、

平成19年(2007年)からは「公益財団法人 廣瀬資料館」

として常時、500点ほどの収蔵品を展示しています。

〒877-0005 大分県日田市豆田町9-7
TEL.0973-22-6171

開館時間/午前9時~午後5時

大人 450円
小・中・高生 350円

まとめ

今回3か所ご紹介しましたが、

町自体が昔ながらの町並みを残しておりますので、

プラプラと歩かれるだけでも楽しいと思いますよ~。

ご興味のある方は是非、足を運ばれてくださいね~

ではまた(^^)/

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。