金融占星学(アストロロジー)はFXに優位性あり?メリマン氏・山中氏のサイクル理論は当たる?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

おはようございます。

早いものでもう年末ですね。

そして今日は今年最後の新月です。

新月にお願事をすると、かないやすいというけれど、

人間も宇宙レベルでみたらちっぽけな存在で、

自然の一部なんだろうなあって感じがしますね。

そして、私達の生活も金融市場でさえも自然の摂理にはかなわず、

飲み込まれていくのだろうなあって感じております今日この頃です。

そこで、来年こそは宇宙銀行に預金してあるお金をおろしに行こうと調べておりましたら

、金融占星術たるものにたどり着きました。

 

金融占星学

聞かれたことありますか?

要は、金融も自然の一部だから周期がありますよって話です。

星の動きを予測するもいのなので好き嫌いがわかれているみたいです。

ただ、毎年発行されているレイモンドAメリマン氏の『フォーキャスト』

は毎年世界で売れているみたいですし、

日本では、山中康司さんが有名のようですね。

この方は2009年~2012年にかけて金融占星術投資手帳も販売されていたようです。

残念ながら、現在は販売していらっしゃらないみたいですが…。

古くは、著名な相場氏 ウイリアム・ギャンもアストロロジーによって相場分析を行っていました。

レイモンド A メリマン氏経歴

1946年ミシガン生まれ。
1997年“The Solar Return Book of Prediction”並びに
“Evolutionary Astrology”を出版し、占星学者として国際的な評価を得る。
“International Society of Astrological Research”(ISAR)会長
1996-1990年プルーデンシャル・ベーチェ証券のコモディティスペシャリスト
1987-1990年シアソン・リーマン・ハットンのインベストメント・エグゼキュティブ
1990-1994年ペイン・ウェバー証券のアカウント・バイスプレジデント
市場関係の著書
1992年“THE GOLD BOOK”
1992年“THE SUN,THE MOON and THE SILVER MARKET”
1981年以来現在まで、『MMAサイクルズレポート』を発行し、
金融機関、銀行、商品先物業界で好評を博している。
1993年からは投資日報出版で、『MMAサイクルズレポート』日本語版を発行
毎年、翌年の年間予想書『フォーキャスト・ブック』を発行
1996年より投資日報出版で『MMA日経週報』を発行、金融機関、
個人投資家向けに日経平均株価予想レポートを毎週月曜日に発行。
数々の暴落、急騰などを時間単位で的中させる。
現在:メリマン・マーケット・アナリスト株式会社社長
国内出版物 「サイクルの基本」、「アストロロジーの基礎知識」(絶版)、
1995年から毎年『フォーキャスト・ブック』を発行:以上、投資日報出版
「究極の株価タイミング」(サイクル偏)投資日報社発行 MMAレポートの内容は、テクニカルを交えた解説が出てくるみたいです。
必ずしも、占星術だけを頼りにしないところが、同氏提唱する「メリマンサイクル論」のようです。

的中!

2008年3月のドル急落、サブプライムショックも的中してます。
その他、特に有名な予測は1990年イラク軍のクェート侵攻、1995年の阪神大震災、1997年ダイアナ妃
の死亡。相場関連では1996年のシカゴコーン史上最高値5ドル相場の示現、1996年ドル円急
落後(8月までに)、新高値に向けて上昇、1998年ドル円の暴落、1999年の日経平均株価の年間
重要変化日(天底の日時を指定)を的中させてます。

まとめ

メリマン氏も占星術だけを使っているわけではないようですので、

テクニカルと併用がいいようですね。

 

ということで・・・本を立ち読みしてみましたが、かなり難しいです。

入門書にもかかわらず、理解不可能ワードのオンパレードです。

諦めて、お金を出してでも、買うしかないか…とあきらめようとしていたら、

見つけました!

 

現在上田ハローFXさんに口座を開くと毎週メリマン氏のレポートが見れるようです。

早速、私も口座を開いてみようと思います。

では、また(^^)/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。