福岡堅樹が受験する医学部を予想!編入や留学は無理かも考えてみた!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

福岡出身のラガーマンである福岡堅樹選手。

本来なら2020の東京オリンピックを最後に引退される予定でしたが、

オリンピックがコロナで延期になり、受験に専念されるということになりましたね。

そこで、福岡選手がどこの医学部を受験されるかを予想してみました。

福岡堅樹

福岡堅樹(ふくおか けんき)

福岡県古賀市出身

1992年9月7日生まれ 27歳

身長 175m 体重 83㎏

ポジション ウイング(WTB)

高校 福岡高校

大学 筑波大学 情報学群

5歳でラグビーを始める。

中学時代には陸上部で、100m走で11.7秒50m走では5.8秒。

福岡高3年時に全国高校大会(花園)に出場。

ルーくんとふーちゃんという猫を二匹飼っている。

高校時代は、バンド活動もしており、かなりの人気者だった。

大学では、日本代表と勉強に追われ大変だったとか。

スポンサーリンク

福岡選手が目指す大学は?

福岡選手は、福岡でも有名な進学校・福岡高校出身です。

そして、お父様は歯科医・おじい様が内科医という家系ですので

医者を目指されるのは、自然な流れだったようです。

高校卒業後、一浪し医者を目指されていたようですが、

筑波大学の医学群を目指されたようですが、

結果は筑波大学の情報群に入られました。

高校時代、ケガをしたことがきっかけで、医師の中でも整形を主体とした

スポーツドクタを目指さているようです。

第一候補

筑波大学医学群

もともと、筑波大大学医学部を目指されていたという事と、

筑波大出身という事。

さらに、この学校には編入の制度がありました。

編入試験は、学力検査・適性検査・適性試験の3つで募集人員は5名。

受験科目は少ないのですが、通常の医学部入試よりさらに狭き門。

情報学群の偏差値は65~67

医学群偏差値 76

となると、さすがの福岡選手でも無理かもしれませんね・・

第二候補

順天堂大学

この学校は医学部とは別に、スポーツ健康科学部があります。

福岡選手は医学部に進みたいという事でしたので、

こちらの学部に進まれることはないとは思いますが、

スポーツ健康科学研究科の大学院もありますので、スポーツドクターを目指すには

良い環境なのではないかと思われます。

それと、

順天堂大学医学部付属順天堂医院・整形外科スポーツ診療科があり

チームドクターとしてスポーツ現場で直接チームや選手のメディカルサポートに

関わっている医師が多いのが特徴のようです。

編入制度はありません。

医学部偏差値 74。

第三候補

慶応義塾大学

スポーツに力を入れている大学という事で上げました。

医学部偏差値 77

まとめ

留学は、あまり話題にはなってないようですね。

福岡選手は頭もよくて、スポーツ万能で、ピアノも弾けて猫好き・・・

世の中に完璧な人はいないといいますが、

うらやましい程の才能ですね。

ぜひ、次なる夢にトライしてもらいたいですね。

では、また。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。