べっぴんさん大阪万博での栄輔さんの活躍とその後は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

3月に入りましたね!

べっぴんさんでは、1970年の大阪万博まっさかりです!

私はまだ生まれる前だったので、詳しくは知りませんが、

『20世紀少年』にも描かれたように大変な賑わいだったみたいです。

少し、万博についても調べてみました。

 

大阪万博 EXPO’70

ダウンロード (7)

  • 名称:日本万国博覧会(Japan World Exposition)
  • テーマ:「人類の進歩と調和」(Progress and Harmony for Mankind)
  • 開催期間:1970年3月14日~1970年9月13日(183日間)(一般公開は3月15日から)
  • 性格:国際博覧会条約に基づく第1種一般博(General/first category)
  • 会場運営:財団法人日本万国博覧会協会
  • 面積:330ha
  • 総入場者数:6,421万8,770人 うち外国人 約170万人)
  • 目標入場者数:3,000万人(その後5,000万人に上方修正)
  • 参加国数:77カ国4国際機関
  • 迷子になった親と子供の数:22万643人
  • モノレールへの乗車人員:約3,350万人
  • 売上金額:入場券 約350億円 食堂・売店関係 約405億円
  • 1日の入場者:最高 83万5,832人(9月5日]) 最低 16万3,857人(3月16日) 平均 約35万人
  • 迷い人:大人 12万7453人 子供 4万8190人
  • 落し物:5万227件(その内、金銭は4,780万円)
  • 食中毒:43件 計404人

テーマ館の太陽の塔やアメリカ館・ソ連館などの、

人気パビリオンでは数時間待ちの行列ができ、

国際博覧会では初めての黒字で、2010年上海万博までは、

史上最多の入場者数だったようです。

 

栄輔さんの活躍

ダウンロード (8)

栄輔さんは、ついに自らCMに出てきましたね~”(-“”-)”

『おしゃれな男はAIS(エイス)』とか言って、

リンゴかじってみたり・・

TVでは財界の方々と対等にコメントされたり・・

キアリスと共に、ファッションショーの衣装協力する話になっています。

実際は?

栄輔さんのモデルとなった石津健介さん。

『AIS』のモデルとあなったのは『VAN』

ダウンロード (10)

しかし、石津さんはあまり大阪万博には関わっておらず、

日本人パビリオンの制服を作った程度のようです。

ファッションショーにも関与してなければ、

キアリスとの衣装協力などもなかったようですね。

この辺りは、脚本家・渡辺さんのオリジナルということでしょうね。

 

その後は・・

1947年創業

1954年 VANブランド登場

1969年 アルフレックスジャパン設立。

1971年 ラングラージャパン設立。

1978年 500億円の負債をかかえ倒産!!

この倒産にからむのが、『KADOSHO』のモデルとなった

商社丸紅』です。

そして、古門社長のモデルは、

後、ロッキード事件で逮捕された『檜山廣』にあたります。

この頃は、戦後の高度成長期でしたので、

VANの石津社長はどんどん丸紅の融資を受け

事業を拡大をしていきますが、

次第に経営が悪化して倒産になるのです。

しかし、VANジャケットには10億円にも及ぶ在庫が

残されておりましたので、このまま潰して回収業者に

たたき売りされるより、新会社を設立させて営業した方がよいと、

社員OBで構成された組合により、

1979年 昭和54年に 新会社設立。同年2号店もオープン。

この流れにのるかのように会社も少し大きくなるのですが、

全盛期ほどの勢いはなくなっていたようです。

この頃には、石津社長は、経営者として退かれています。

 

まとめ

大阪万博も、栄輔さん(石津社長)も、

古門社長(檜山廣)も、栄枯盛衰ッテ感じですかね・・

べっぴんさんも今月いっぱい。

はたして、ドラマの中で栄輔さんや古門社長がどう描かれるか

楽しみですね~(*^^*)

では~。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。