べっぴんさん初孫の藍はどんな花?花言葉についてまとめました。

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

 

どうもどうも、こんばんは!

いや~さくらちゃん。ついに子供産んじゃいましたね~(^◇^)

展開、早い早い・・

『名前はもう決めてある。今、時分に咲く花、藍や。』

って、ケンちゃんはいってたけど、

藍って花の名前だったの?!

私は、藍染めとか、インディゴの材料位にしか思ってなかったので、

藍という花があるとはしりませんでした!

藍の花

藍の花

藍は、タデ科・イヌタデ属に分類される一年草です。

紀元前より世界各地で青色の染料として利用されてきました。

日本では奈良時代から藍染めがはじまり、広く栽培されていました。

ただ、現在は化学合成による染料が開発されたことで、

染料として利用されることはほとんどなくなってしまいました。

秋になると、茎の先に花びらのない米粒のような

ピンク色の花を枝先にたくさん付けます。

中には、白い花を付ける品種もありますよ。

8~10月頃に花を咲かせ、特に9月中旬頃見頃を迎えます。

古くから日本で栽培されていたことから、育てやすいとされています。

また、小さな花は独特で、野性味が感じられます。

スポンサーリンク

 花言葉

紀元前の古くから、衣服の染料として利用されてきたことにちなんで、

『美しく装う』

『あなた次第』

とあります。

ケンちゃんは、『安らぎ』っていってましたね。

みんなに安らぎを与える子になってほしいって。

たしかに、藍は決して派手な花ではないけれど、

打たれずよくしっかり生きてる・・って感じの花ですね。

まとめ

いい名前ですね(^-^)

すみれ・ゆり・さくらってホントに華やかな感じの名前だけど、

藍色は落ち着いた上品な色だし、

実際に、上品な女性に贈るといいい言葉のようでうすね。

さくらなんて、ほんと、春夏秋冬で大変な気性だったので、

藍ちゃんには、落ち着いた女性に育ってほしいな・・と思う夜でした。

では、また~(^^)/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。