オランダ総選挙の結果を予想!日本時間と為替ユーロと円の影響は?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

2016年は欧州経済にとって大変な年になりました。

6月23日の国民投票による
英国の欧州連合(EU)離脱以降、
ポピュリズム(大衆迎合主義)の台頭、
難民問題の加速など先行きの
不透明な状況が続いているユーロ圏の政治情勢。

 

今後も、問題たっぷりのEU諸国ですが、
まず2017年も、
世界経済の火種はEUから
始まるのではないかと思うのですが…
まずは気になるのは、
3月のオランダ総選挙からではないでしょうか?

 

ユーロ円の影響

英国総選挙の時は株が1200円以上の下落、
為替も100円も超える円高にふれました。

株や為替の影響を考えると、
離脱派が勝利すれば、
もちろん株安円高にふれるでしょうね。

ただ、国の大きさからもわかるように、
経済の影響的には英国のEU離脱の時ほどは
動かないと思います。

それよりも、もしEU離脱が決定したら、
次々にEU離脱したいって国が増えて、
EU存続自体が危ぶまれるような気がします。

スポンサーリンク

日本時間はいつ?

一応、日本の日付では、
3/15ですが8時間の時差がありますから、
16日の可能性が高いですね。

 

結果を予想

市場ではEU離脱国の候補として語られることも多いオランダ。
反EUを掲げ、国民投票実施を求めている
ヘルト・ウィルダース党首率いる右派政党・自由党が、
どこまで勢力を伸ばすかですね。

 

英国のEU離脱の時も最初は残留はが7割だったのに、
逆転離脱になりましたので、
結果を予想することは難しいのですが、
オランダはEU創立国の一つということもあるので、
残留になるとは思うのですが…

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。