セルインメイで5月は株や為替が下がる!?騰落率を分析してみた!

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

皆様、ど~もど~もです!

米国ではオバマ法案のこともあり、上昇一服

レンジ相場といったところでしょうか(^-^;

レンジって難しいんですよね・・

だから、ちょっと動き出すまで待つとして、

4月は上昇し、5月は下落の

ざっくりとした予想をたててる私ですが、

その根拠は『sell in May』という相場格言からです。

NY

Sell In Mayとは?

正式には、

Sell in May, and go away; don’t come back until St Leger day.

5月に売りをいれたら、9月のセントレジャーデーまでは、

帰ってくるな~という意味です。

セントレジャーデーをハロウィンにしてる説もあるようです。

スポンサーリンク

原因は何?

・ヘッジファンドの決算合わせ
・3月決算企業の納税対策
・年度末決算のリスク回避
・原油の需要が落ちる

など、様々のようですが、やはりその時によって様々です。

騰落率と勝率

g_market_report_dom_senryaku_130906_01g_market_report_dom_senryaku_130906_02

ある証券会社の過去30年間のデータです。

これによると、確かに5月は下がっており勝率も減ってますね。

格言通り、5月に売りをしかけ、

7月8月夏枯れ相場 お盆休みに向け株価が下がるから

9月に決済。

9月下旬からには年末にかけて買い戦略というのは、

優位性がありそうですね。

まとめ

株や為替は必ずアノマリー通りに動くとはいえないけど、

参考にする価値はあると思ってます。

損切することも少なくはないけれど、

明るい未来を夢見てトレード活動していこうと思う

金曜の夜でした。

では、また~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。