櫛田神社の名物、焼き餅と梅が枝餅の違いは何?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

今日は、会社の昼休みを利用して、

最寄りのお櫛田さんこと櫛田神社にお参りに行ってまいりました。

博多祇園山笠で有名な神社なので、ご存知の方も多いかと思いますが、

せっかくなので、ご紹介させていただきますね。

 

櫛田神社

博多の総鎮守・総氏神として古くより親しまれておりまして、

 

ご祭神は大幡主命(オオハタヌシノミコト)

天照皇大神(アマテラススメオオミカミ)、

素戔鳴尊(スサノオノコミコト)の三神です。

日本全国には、いくつかの櫛田神社があるが、

それらが櫛名田姫を主祭神とする神社であるのに対し

こちらでは櫛名田姫は祀られていないです。

 

ご利益

☆本殿むかって右側に
3羽の鶴に囲まれた「霊泉鶴の井戸」があります。

この水は、一口飲むと自分の不老長寿を、

二口飲むと家族の不老長寿を、

三口飲むと親類縁者の不老長寿を、

願いながら飲むとご利益があります…とされているようですが、

現在はこの水、水質が悪化しまして飲むことができないようです。

数年程前に飲まれた方によると、塩分が多く飲めたものではないと

おっしゃってました。

☆夫婦銀杏

境内には樹齢1000年といわれる銀杏のご神木があり、

縁結びの霊木として信仰を集め、夫婦和合や縁結びのご利益があるそうです。

また、銀杏の木といえば、秋になるとたくさんの実をつける事から、

子宝にもご利益があるといわれております。

焼き餅

キャナルシティ側の門は、名物に焼き餅やさんがあります。

餅の皮がパリッと焼けており、ハフハフして食べるおいしいおやつです。

これ、どこかで食べたことだある味…と思ったら、大宰府名物「梅が枝餅」

とほぼかわりませんでした。

調べてみたところ、こちらのやきもちやさんの先代が、

梅が枝餅やさんに手法を学び、販売されるようになったとのことです。

どうりで同じ味ですね。

ただ、梅が枝餅は梅の焼き印が押されておりますが、こちらは押されておりません。

また、梅が枝餅と名乗れるのは梅が枝餅協同組合に入っている店のみのようです。

私の舌は幸いにも、ほとんどのものをおいしく感じる事ができます。

もっと言えば、違いの判らない女ですので、舌に自信のある方は、

食べ比べてみるのもいいかもしれませんね。

では、また~。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。