母の日のプレゼントの定番はなぜカーネーション?花の色の意味は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんばんは(^^)/

3月も、もう終わりですね。

これが終わると、母の日がやってきます。

うちのママは、カーネーションを送ったら、

来年はバラがいい~とかいう人で困ってします( ;∀;)。

でも、そもそもなぜカーネーションを送るのか調べてみました。

なぜカーネーションを送るの?

 

hati

アメリカの南北戦争の時代、敵兵のケアも献身的に行った

アン・ジャービスという女性がいました。

この女性は負傷兵の衛生状態を改善する

「マザーズデー・ウォーク・クラブ」を立ち上げ、

活動をしておりました。
アンが亡くなった2年後の1907年5月12日に、

娘のアンナは亡き母を追悼する会を教会で行い

母が好きだった白いカーネーションを参加者に配りました

これが「母の日」の起源と言われており、

アンナの行動によって白いカーネーションが

母の日のシンボルと認識されるようになりました。
日本で初めて母の日のイベントが開かれたのは明治末期頃であり、

当時教会で行われたイベントによって、人々の間に広まったと伝えられています。

スポンサーリンク

花の色の意味は?

ka-ne-syonn

カーネーションの花言葉は、「女性の愛」「感覚」、「感動」、「純粋な愛情」などです。

「母への愛」「母の愛」「純粋な愛」「真実の愛」 〇

深い赤 「私の心に哀しみを」 ×深い色よくないよいうです。

白 「私の愛情は生きている」「尊敬」 亡くなった母親をしのんで贈る花の定番です。×

ピンク 感謝」「気品」「温かい心」「美しい仕草」 〇

黄色 「軽蔑」「嫉妬」 ×××絶対××です!!

オレンジ 「熱烈な愛」「純粋な愛」 △ どちらかといえば恋人むけ

 「永遠の幸福」 悪くはないけど・・△

 「誇り」「気品」こちらも亡くなった方に贈る感覚でしょうか・△

まとめ

親を尊敬し愛した娘の気持ちから母の日はできたんですね。

色の件は知りませんでした。

送る方は、赤・ピンクが無難でしょうね。

間違っても、深い赤・黄色はダメですね!

最近は、うちのママみたいに他の花を請求してきたり、

花より団子のママも多いみたいなので、

本人の意見を聞くのがいちばんでしょうけどね(^-^;

では、また~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。