ジョージソロス氏がトランプ相場で大損失?!現在の資産は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

こんばんは~今宵も寒いですね。

私は、金曜日に損失をだしてしまったので、

ちょっぴりブルーになってたんですが、

先日、あの有名なジョージソロス氏が、

1100億円の損失をだしていたという記事をみて、

びっくりしていたところです。

ジョージソロス氏とは

ジョージ・ソロス氏とは、1930年、ハンガリー生まれのアメリカ人です。

世界有数の投資家で、慈善事業も広範に行うことで知られるビリオネアの一人でもあります。

ユダヤ系であるソロスは、第二次世界大戦中にナチス・ドイツの迫害から逃れる日々を送り、

終戦後イギリスでの生活を経て、1956年9月、アメリカ・ニューヨーク市に移り住みます。

その後、ジムロジャースと共に「クウォンタムファンド」を設立し、

1992年のポンド危機の時には、当時買われ過ぎて割高になっている

ポンド通貨に目をつけ、狙いを定めて一気に空売りを仕掛けるという大勝負に出ました。

この結果10億ドルから20億ドルの利益をだしたといわれています。

また、1997年、タイバーツの急落が原因でアジア全体にまで影響を与えることになった

アジア通貨危機でも大きな利益を生み出しております。

トランプ相場

しかしながら、2016年のトランプ相場では、さすがのジョージソロスも

損失をだしたみたいですね。ヒラリークリントン氏が勝つことにかけていたのか、

約1100億の損失をだしているようです。

現在の資産と妻は?

性格ではないのですが、彼の個人資産は1兆3000億円と言われています。

年収は2003年で約800億円、2004年が約300億円、2005年が約900億円、2

006年が約1100億円とまで言われており、1100億円は日給に換算すると3億円、

時給はなんと1200万円になる計算です。

彼が83歳の時、たみこ・ボルトンさんという41歳の日系女性と再婚されてます。

さらに、慈善事業などにも力を注がれているようですね。

まとめ

う~ん。なんともビックな男です!

利益も、損失も、資産も、奥様の年齢差も一般庶民とはかけ離れております。

ただ、私が男なら、こんな生き方も憧れちゃいますね。

でも、彼ほどの男でもこれだけの損失をだすんだから、

私の損失なんて蚊に刺されたようなもの・・・と

ちょっと元気になりました。

では、また~(^^)/

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。