セルインメイの続きは何?9月にすることは?過去より考えてみた!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

4月相場も本日で終わり。

月曜からは5月相場ですね。

今年最大イベントと言われていたフランス大統領選も

なんとか一次をのりきり、ユーロやポンド等の欧州通貨

は買われ、株はリスクオンの向きに向かいましたね。

ただ5月は不吉な格言があり、どうなることやら・・って感じです。

Sell in may の続きは・・・

世界最大の金融市場、ウォール街の格言で、

セルインメイ・・5月は売りっていう言葉がありますよね。

そしてこれには続きがありまして、

Sell in May, and go away; don’t come back until St Leger day.

5月に売りを入れて、

セント.レジャーデー(9月第二土曜日)まで帰ってくるな!!

っていうのです。

欧米では6月から10月までが夏季休暇のため、

マーケット参加者が減少しますし、

ヘッジファンドの決算も5月に集中する為に

そういわれているようですが、

明確な根拠があるわけではないようですね。

日経平均を取引しているのも70%が外人さんっていうから、

影響は受けやすいですよね。

相場の用語にも夏枯れって言葉があるくらい、

夏の間は株や為替はトレンドが出ないことが多いようですね。

レンジ相場が多いような気がします。

スポンサーリンク

9月にすることは何?

では、5月に売りを入れたとして、9月に帰ってきたら、

何をすればいいのでしょう?

過去のアノマリー(季節要因)からいうと、

秋に買って春に売れって言葉もあるくらいですが、

秋っていっても、相場が活気づくのは、10月くらいからで

9月まだなんともいえないようですね。

相場は、買う時、売る時、休む時

このタイミングが大事っていいますものね。

ですから、9月の第二土曜日くらいからは、

次の買いタイミングを探るって感じですかね。

まとめ

さあ、今年はどうなるでしょうかね~?

リスクといえば北朝鮮問題はまだ、

解決していませんし、

フランス大統領選後、堅調に推移しただけに

相場は買われすぎのよう気もするのですが・・

とはいっても、相場師たるもの、どんな相場でも

タイミングがえば入るんですけどね。

しっかり損切りしながら、次の相場に向き合っていきたいと思います。

では、また~

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。