ひよっこ向島電気の倒産の理由は?初任給の現在の値段は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

ど~も~

最近私の会社も、なんか閑散としちゃって・・

大丈夫かしら・・と日々ヒヤヒヤの毎日を送っております。

いつの日も、会社って倒産と背中合わせですものね・・

そう、みね子の会社も終わっちゃうんですよね・・(/ω\)

 

戦後バブルでどんどん経済成長していった時代のはずなのになぜ・・

と思って調べて見ました。

向島電気倒産の理由は?

向島電気は、トランジスタラジオの下請け会社でした。

1964年(昭和39年)に行われたオリンピックの為、

インフラ整備が行われたり、ビルが建ったりと

経済に追い風が吹いていましたが、

オリンピックが終わるとその反動が来てしまったようです。

昭和40年には、景気が落ち込み、多くの会社負債を抱えたまま

倒産してしまい、向島電気も昭和1965年(昭和40年)12月20日

に倒産してしまいました(+_+)

スポンサーリンク

みね子の初任給は、現在の値段でいくら?

みね子の初任給は12000円でした。

でも、そこから半分りは寮費や食費で差し引かれて、

手取りは6000円くらい・・さらに5000円を実家に送って・・

1000円しか残らない生活をしてましたね。

現在ではとても生活できる金額ではないですね!

1964年の物価の参考

大卒初任給(公務員)17.100円 高卒初任給(公務員)12.400円
牛乳:18円 かけそば:50円 ラーメン:60円 喫茶店(コーヒー):70円
銭湯:23円 週刊誌:50円 新聞購読料:450円 映画館:300円

みね子の初任給は普通といったところでしょうか・・

現在の高卒公務員の初任給が、職種にもよりますが、15万程度との事ですので、

約12倍ってとこでしょうか・・

という事で、みね子の初任給は現在でいうところの15万程度のようです。

まとめ

昔、相場の師匠に戦後経済史を学んでおくといいよ・・

って言われた事を思い出しました。

戦後、バブルが崩壊するまで景気はトントン拍子と思っていたのですが、

その中にも小さな波があったのですね・・(*_*;

そして、それはオリンピック後におこる・・ってことは、

歴史は繰り返す!?

2020年のオリンピック後も景気が悪くなるのかしら・・

私も会社も他人事ではない気が・・

考えてたら怖くなってきました。

では、また~

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。