2017年の雛人形はいつ飾るといいの?しまう時期は?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

今日は大寒ですね。

当たり前ですが、寒いです。

福岡地方も朝から風がピーピー吹いて、雪まで降っておりました。

春よこい~早く来いと願いながら、次の行事を考えていました。

雛祭り、本当はいつ?

雛祭りの歴史は長く平安時代にまでさかのぼるといわれてます。

旧暦の3月3日は、桃が咲く季節から、『桃の節句』

ともいい、女の子の健やかな成長を願う日本行事のひとつですね。

江戸時代までは、和暦(大陰太陽暦)を使っておりましたので旧暦の

3月3日、現在の4月3日に行われていたようです。

それが明治の改暦以降は一般的に新暦の3月3日に行うようになったようです。

でも、今でも地方では旧暦を利用される地区も残っているみたいですね。

いつから飾り、いつしまうのがいい?

これは、春を祝う伝統行事なので、

立春すぎてからの大安の日がいいようですね。

これは、節分の豆まきで悪疫退散・厄除けのあということ

もあるようですね。

できれば2月中旬までがいいようです。

となりますと、候補は 2/7 2/13 2/19 あたりでしょうか。

しまう時期は、3/3が終わったら片づけるのが一般的のようですが、

旧暦の3/3である4/3まで飾る地区もあるようですね。

あと、その年の啓蟄の日がいいともいわれております。

2017年では3/5になります。

ただ、一度かたずけてしまうと、翌年まで姿を現すことはありませんので、

湿度をできるだけさけれるかというのもポイントになります。

かたずけは、できるだけ晴れの日に・・とい事になりますね。

まとめ

まあ、現代人は忙しいので、立春すぎて2/3以降にだして、

4/3までの晴れた日にかたずけるというのが、

一番いいのではないでしょうか。

かたずけが遅れるとお嫁に行きそびれる…という迷信もありますので、

気をつけてくださいね。

では、また(^^)/

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。